« JRおおみや鉄道ふれあいフェアへ | トップページ | 東急田園都市線で『伊豆のなつ号』 »

2006年6月27日 (火)

目黒線地下化区間散策

地下化される目黒線

7月1日(土)に線路切り替え工事をする東急目黒線の直前の様子を見てきました。
以前、当社社長向谷が「タモリ倶楽部」のロケで地下区間の武蔵小山から西小山まで歩いていましたが、今回スタッフは地上を洗足から不動前まで歩きました。
洗足駅に向かう途中、運転席後ろではビデオカメラを抱えている人、各駅の端では写真撮影をしている人もいて、地上線最後の記録を撮っておこうとファンが集まっていました。
洗足駅を出たところに大きなクレーンが設置され、これで線路切り替えを行なうようです。当日はかなり大掛かりな作業になりそうです。
線路に沿った道路がないため、一番近いと思われる道を選んで進んでいき、架道橋、踏切と西小山駅へ向かいます。
何本か写真を撮りながら、20分かけて西小山駅の商店街に到着。今度は武蔵小山駅へ向かいます。
東急目黒線なのに走ってくる車両は、東京メトロ南北線、埼玉高速鉄道線、都営三田線の車両が多く、目黒線の車両はほとんど見かけません。
踏切を渡る地下鉄の電車という光景はこれから段々と少なくなって行くものと思われます。
そんな写真を撮りながら、今回の区間で一番大きい武蔵小山2号踏切に到着。駅前商店街パルムで小休憩です。
不動前駅へ向かう道はほとんどなく、ジグザグに歩いていきます。
途中、地元のおじさんに話しかけられ、聞くところによると、最近、写真を撮りに来るファンが結構来るとのこと。鉄道ファンの行動力におじさんもびっくりかも。
武蔵小山駅から1時間かけて最後の不動前駅上の歩道橋に到着。洗足駅でも見かけた大きなクレーンが目の前に設置されていて、ここから地下に入るようです。

1995年から始まったこの工事も今回の切り替えで18ヶ所の踏切が解消されます。
7月1日を無事に終えられるよう見守りたいですね。

マイフォトにレポートを掲載しました。

|

« JRおおみや鉄道ふれあいフェアへ | トップページ | 東急田園都市線で『伊豆のなつ号』 »

元スタッフ鉄道漫遊記」カテゴリの記事

超ミニ“レールファン東急”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目黒線地下化区間散策:

« JRおおみや鉄道ふれあいフェアへ | トップページ | 東急田園都市線で『伊豆のなつ号』 »