« JR東日本東京総合車両センターで夏休みフェア | トップページ | 渋谷駅前にデハ5001が展示 »

2006年9月20日 (水)

東横線元住吉 工事区間散策

切り替え前の線路を走る東横線9月23日(土)に高架線切り替え工事をする東急東横線の直前の様子を見てきました。
この工事は東横線 武蔵小杉~日吉の線路を地上から高架線へ切り替え、途中の元住吉駅も新駅に変わります。今回、切り替え区間の武蔵小杉、元住吉を中心に回りました。
目黒線で武蔵小杉に向かう途中、駅ホームにはカメラを構えた人たち。今回の工事後9月25日(月)に行なわれるダイヤ改正で目黒線に急行が登場します。そのため、現在、種別表示器が入れ替えの最中で「各停」表示があったりなかったりその様子を撮影していたようです。武蔵小杉で切り替え線をを眺めた後は元住吉駅へ移動、仮設ホームで撮影開始。他にもファンが数人いました。写真もそこそこに駅西口を出て、検車区の方へ歩きます。銀行の脇には大きなエスカレータが見え、新駅に繋がっています。地上駅から見るとかなりの大きさです!途中、検車区の事務所や、弊社が以前お世話になった東急教習所を見ながら、県道に出ます。

ここに掛かる木月陸橋は、この工事で撤去され地上の道路に変わります。地上を通っていた東横線が上へ上がります。逆立体交差の工事です。これを一晩でやろうとしているのです。以前西武池袋線でも行なわれました。陸橋に上がるとすぐ目の前に線路が見え、陸橋上に踏切があるかのようです。今度は東側を駅まで歩きます。

無事に駅に到着。踏切を眺めていると結構の人が待っているのが分かります。確かに渋滞のものになっていそうです。高架線に切り替え後の一部の線路は元住吉検車区への出入りする線路として残り、駅前の踏切も残ります。本線ではなくなるため、踏切の閉まる時間はかなり減少するでしょうね。

今回はその工事の様子をマイフォトにレポートで掲載しました。是非ご覧下さい。

|

« JR東日本東京総合車両センターで夏休みフェア | トップページ | 渋谷駅前にデハ5001が展示 »

元スタッフ鉄道漫遊記」カテゴリの記事

超ミニ“レールファン東急”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東横線元住吉 工事区間散策:

« JR東日本東京総合車両センターで夏休みフェア | トップページ | 渋谷駅前にデハ5001が展示 »