« 青梅線・五日市線用201系が一斉置き換え | トップページ | いよいよ引退間近? 「さよなら『夢空間・北斗星』」運転 »

2008年2月22日 (金)

東急大井町線8001F最終運用!

等々力-尾山台間を走る8001F

今夜の東急大井町線ATC化を前にして、東急8000系で最後となった8001Fが最後の定期運用に就いています。
東急大井町線はこれまでATSで運行していましたが、3月からの急行運転に伴い全線ATC化を行います。
従来の車両も田園都市線の回送のためにATCを搭載していましたが、パターン制御が出来ない旧型のATCのため、今度大井町線で採用される新型ATCの『ATC-P』に対応させる他、駅停車制御・列車種別制御・臨速等の工事も行わなくてはなりませんでした。
しかし大井町線を走っていた8001Fは老朽化もあり、ATC更新を行わずに引退させる方向になった模様です。
急行運転は3月の改正からですが、ATC化は先行して行われるため、改正を待たずに8001Fが大井町線から消えることになりました。
ATC化が行われると大井町線で走る8001Fを見ることは叶わなくなります。それに先立ち、大井町線で走る最期の姿をここに掲載いたします。

中延-荏原町
荏原町に進入する8001F下り方
二子玉川幕もまもなく見納め?
中延-戸越公園
戸越公園へ坂を下りてくる
8002号車運転台
大量の傷が歴史を語る運転台
旧型ATCの黒メーターも最後となった
8002号車内
車内の様子
デコラは更新されたがレイアウトは当時のまま
網棚支え
吊手も支える特徴的な荷棚支え
登場当初は網棚ではなくパイプ棚でした
支えの穴はその名残
製造銘板
車内製造銘板
昭和44年製造
下神明
下神明へ進入する二子玉川行き
TS+電GOでは停車が難関の駅でした(笑
自由が丘
自由が丘へ走行中の大井町行き
撮影場所としては定番中の定番
自由が丘-九品仏
夕日に向って走る8001F
ステンレスの外板が輝く
大岡山
大岡山に停車中の8001F
8001号車側面方向幕
行灯式からの改造の名残で狭い側面方向幕
この狭さで二子玉川園の5文字が入っていた
二子新地
新参者の6000系と並ぶ
一緒に走ることは叶わなかった
等々力-尾山台
定期運用最終日となる22日の姿
大きな変化も無く最後の道を行く
さて、東横線にて2回にわたって行われた8000系のさよならイベント。今回も行われるのでしょうか?
ただ大井町線のATC-P導入によって、大井町線上でのイベントは不可能になるので、行われるとしても田園都市線のみとなります。(旧新玉川線内には入れないので)
また、引退後の処遇もどうなるのか気になります。保存か譲渡か解体か。引退後も動向に目が離せません。

|

« 青梅線・五日市線用201系が一斉置き換え | トップページ | いよいよ引退間近? 「さよなら『夢空間・北斗星』」運転 »

トンのテツ道情報」カテゴリの記事

超ミニ“レールファン東急”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東急大井町線8001F最終運用!:

« 青梅線・五日市線用201系が一斉置き換え | トップページ | いよいよ引退間近? 「さよなら『夢空間・北斗星』」運転 »