« 東武東上線 TJライナーがイベント運転 | トップページ | 日暮里・舎人ライナー開通! »

2008年3月28日 (金)

東急大井町線急行運転開始! 6000系デビュー!

0000

本日3月28日に東急田園都市線・大井町線・こどもの国線がダイヤ改正を行いました。このダイヤ改正の最大の目玉は大井町線での急行運転開始および6000系のデビュー。
平成12年度に急行運転を開始するとのアナウンスから8年も経ってしまいましたが、無事に運転を開始しました。
二子玉川駅では急行電車に乗るための人が列をなし、ものめずらしさも手伝ってか、旗の台まで先行する各駅停車を無視して急行に乗るという人が沢山いました。
また、急行通過駅には警備員が配置され、駅前後の踏切にも同様に警備員が配置されており、安全面で最大の配慮を払っていました。
この急行には新型車両である6000系が運用についており、他の車両はすべて各駅停車専用になります。そのため今までの田園都市線からの直通急行もすべて6000系で運行されます。

二子玉川
大井町線内でも表示されるようになった
「急行」の行先案内
二子玉川
二子玉川駅では大量の人が急行に乗る
先行の各駅停車は割りと空いている
大井町
一部の6000系には急行運転をアピールする
ラッピング広告が施されている
旗の台
旗の台5番線に進入する6000系
旗の台の中線は今日から使用開始

6000系は3ヶ月前の12月26日に第一陣が搬入されてから、3ヶ月の試運転を経てようやくの営業運転です。車内は先行して営業を開始した新7000系と同じような感じ。ただ、壁は白いので印象は違います。
独特な前面もあいまって、運転室からの展望は全く変わっています。また、絞込みのために側面壁のノンヒューズスイッチの機器箱が運転室背面に移動、女性乗務員への配慮からスイッチ類が従来の高さから下げられているため、運転席後方の窓が小型化されています。また、運転台も5000系と違って各メーター同士の間の仕切りがなくなっています。
現在の6000系は第1編成の6101Fから第6編成の6106Fまであります。このうち6101Fには急行運転開始記念のヘッドマークも掲げられました。

旗の台
ヘッドマーク
図柄は前後で違うものが付けられていた
旗の台
上り方のヘッドマークには旧6000系も
職員が描いたものだろうか?
大井町
運転台
絞込みのために視界は5000系に比べて狭い
大井町
来年6月にはなくなる?
急行二子玉川行きの表示
梶が谷
先週まで走っていた5連の大井町直通急行
これら直通列車も6000系で運行される

実際に急行に乗ってみた印象ですが、線形や初の急行運転ということもあり、ATC現示速度に比べてあまり速度は出しません。駅間が短いために各駅停車の列車が速度を上げられず、急行が速度を上げるとすぐに追いついてしまうという感じです。特に昼間の上り列車(大井町行き)は上野毛駅での追い抜きを行わないため、場合によっては自由が丘手前で先行列車に追いついてしまうなどの状況が見られました。ここらへんは次回のダイヤ改正で改善されていくと思われます。
何はともあれ無事に走り出した大井町線の急行列車。将来は田園都市線との直通増加や、目黒線への乗り入れも行われるのでしょうか?
次の大井町線でのビッグイベントは来年6月の溝の口延伸。急行二子玉川行きも1年半のみかもしれません。

|

« 東武東上線 TJライナーがイベント運転 | トップページ | 日暮里・舎人ライナー開通! »

トンのテツ道情報」カテゴリの記事

超ミニ“レールファン東急”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東急大井町線急行運転開始! 6000系デビュー!:

« 東武東上線 TJライナーがイベント運転 | トップページ | 日暮里・舎人ライナー開通! »