« ありがとう253系『成田エクスプレス』 さよなら列車運転 | トップページ | 新型ジョイフルトレイン『リゾートビューふるさと』車両展示会実施! »

2010年7月18日 (日)

京成成田空港線(成田スカイアクセス線)開業!!

成田空港に到着するスカイライナー


成田空港駅に新設された
スカイアクセス線用ホーム
17日、京成成田空港線(成田スカイアクセス線)が開通、AE形『スカイライナー』等が運行を開始しました。
今までは北総線の印旛日本医大駅止まりだったものが、空港第2ビル駅まで延長されたものです。これにより今まで50分以上かかっていた日暮里~成田空港間が、わずか36分になりました。
『スカイライナー』も従来のAE100形のものからAE形へとバトンタッチ。運転速度も北越急行線と同等の160km/h運転を可能としています。なお、AE100形は『シティーライナー』として京成本線経由で上野~成田空港間を結すぶ新たな運用についています。
 


160km/hで走り抜けるAE形
『スカイライナー』

今回のダイヤ改正から始まった
『アクセス特急』

2006年の着工からわずか4年という、完成まで意外と早く感じた新線区間ですが、印旛日本医大を出発すると山間部を超え平野部から印旛沼上を通過、トンネルを抜けて成田湯川駅へ。この駅を出ると再び山間部を超え例の巨大遺構だった成田新幹線用の高架橋突端へ吸い込まれます。
途中に新根古屋信号場があり、ここで上下線の交換を行います。アクセス特急の場合、『スカイライナー』を優先して通過させるうえ、さらに先の京成本線との合流関係から、この信号所で多少待たされます。(場合によっては10分待ちも)
信号所を過ぎるとトンネル区間に入り、京成本線と合流。空港第2ビルに到着します。JRとの単線並列区間は、運が良いと抜いた抜かしたのデッドヒートを演じてくれるので、なかなか面白い区間です。


成田空港線 印旛日本医大~成田湯川 展望映像


成田空港線 成田湯川~空港第2ビル 展望映像


成田空港線 成田湯川~空港第2ビル 展望映像

運行初日はいつもは閑散としている北総線内も、各所で『スカイライナー』やデビューしたての3000形7次車(通称3050形)を撮影。また、40分に1本のアクセス特急は、その少なさもあってか、かなりの混雑(特に先頭)が見られました。
AE形は青を基調としたスポーティーな車内で、座席の座り心地は少し硬そうな外観からは想像も付かないほどかなりよく、リクライニングしていなくても座りやすい座席でした。走行性能はさすがの新型特急車両ともあって、それなりの起動加速度でありながら、160km/hまで息切れすることもなく一気に加速。高速域では通勤車に比べて揺れも圧倒的に少なく、非常に静か。そのため160km/hで走っていても京急600形の120km/hの方が早く感じてしまうほどでした。笑


AE形デッキ部
自販機などもある

洗面台
デッキに続いている

客室端には荷物置き場も

客室内
青系の色でまとめられている

座席
座席脚部にはコンセントがある

案内画面
路線案内や展望映像、広告が流れていた

側面ロゴ
シールでなので将来は別のものにもなれる!?

新駅となる成田湯川駅は2面4線の対面ホームで、構造は新幹線の駅のような形。それもあってか『スカイライナー』は中線を減速することもなく160km/hで駆け抜けるため、AE形の本領を間近で見られる貴重な駅。駅には終日鉄道ファンの姿が見られ、超高速で通過する『スカイライナー』を必死にファインダーで追いかけていました。


デビューしたての3050形と新駅の成田湯川駅

今回新たに登場したGG現時「高速進行」
許容速度は160km/hとなる

その横を爆速で通過してゆく『スカイライナー』
その速さのため、流し撮りも一苦労

|

« ありがとう253系『成田エクスプレス』 さよなら列車運転 | トップページ | 新型ジョイフルトレイン『リゾートビューふるさと』車両展示会実施! »

トンのテツ道情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615690/43270907

この記事へのトラックバック一覧です: 京成成田空港線(成田スカイアクセス線)開業!!:

« ありがとう253系『成田エクスプレス』 さよなら列車運転 | トップページ | 新型ジョイフルトレイン『リゾートビューふるさと』車両展示会実施! »