« 西武101系まもなく勇退! 引退ヘッドマーク掲出 | トップページ | 小田急5000形10両編成さよなら列車運転! »

2010年11月 5日 (金)

最後の力走! キハ181系『はまかぜ』

普段見れる最後の姿となったキハ181系『はまかぜ』 長谷~寺前

国鉄気動車特急車両として最後まで残ってきたキハ181系がいよいよ明日、定期列車から引退します。

キハ181系は1968(昭和43)年から製造を開始した、キハ80系をベースにして出力を大幅にアップさせた特急形気動車です。国鉄時代に中央西線や奥羽本線等の勾配路線に投入され、キハ80系では性能出力的に運転が不可能だった路線で活躍しました。
ただ、登場直後はその大出力が災いして、最大出力で連続運転すると屋根上ラジエータが加熱されオーバーヒート。低速域だとラジエータが冷却されずにオーバーヒート。低速のうえ最大出力で走ると排気管が焼損という、まさに踏んだりけったりな状態で運行されていました。
そのような様々な事態を解決して安定運行が続けられ、次第に活躍の舞台は山陰・四国など西へ移動。国鉄民営化に伴いキハ181系はJR西日本とJR四国に承継されました。
JR四国での運転が1993年で終了し、最後に残ったJR西日本の所属車も列車の廃止などに伴い各地を転々とし、最後の活躍の場として大阪~香住・浜坂・鳥取を結ぶ特急『はまかぜ』として運転していました。
そんなキハ181系ですが、2010年11月7日から最高速度時速130キロで運転が可能な新型特急気動車のキハ189系が運行を開始するため、いよいよその長年の活躍に幕を引くことになりました。


掛け変わった新余部橋梁を渡るキハ181系
餘部~鎧

午前中の撮影ポイントとしては人気だった
甘地~福崎

意外な穴場、明石市立天文科学館の展望室
朝霧~明石

キハ181の車内は座席や壁・床等が更新された程度で、設備はほぼ国鉄時代のままです。走行音は新型の気動車では聞けないほどの轟音。山陽本線内の高速走行区間では電車並みの時速120キロで運転されるため、エンジン音はジェット機か高速道路を爆走する軽トラックのような音に。さらにノッチを入れた時と切った時は、どんな速度でも一旦エンジン回転数が上がるため、ノッチの入り切のたびに轟音を発します。なのでノッチの操作タイミングがすぐにわかります。
乗り心地は旧型車両ではあるものの、やはり特急車と言われる程度の乗り心地のよさはあります。ただ、播但線の単線区間にはいると途端に揺れが激しくなります。(同線の103系に比べれば雲泥の差ですが…)
編成は基本4両で、運転時期により編成両数を最大7両にするなどフレキシブルに対応できる列車で、長編成のキハ181は迫力がありました。


11月6日で定期運用から引退する国鉄気動車特急車両のキハ18­1系。

キハ181系の加速音 (MP3形式 5.67MB)

キハ181系は『はまかぜ』運転終了後も一部列車が臨時列車として運転しますが、2010年度末(2011年3月)には全車が完全引退する模様です。
国鉄気動車特急色に塗りなおしてリバイバル運転などの予定があるのでしょうか?
撮影地で地元の方が言われていましたが、くれぐれも列車は止めないようにしましょう!

キハ181系『はまかぜ』レポートはこちらからどうぞ!

|

« 西武101系まもなく勇退! 引退ヘッドマーク掲出 | トップページ | 小田急5000形10両編成さよなら列車運転! »

トンのテツ道情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615690/43270866

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の力走! キハ181系『はまかぜ』:

« 西武101系まもなく勇退! 引退ヘッドマーク掲出 | トップページ | 小田急5000形10両編成さよなら列車運転! »