« 京王3000系が定期運用離脱 | トップページ | 小田急「5200形」一足早く引退 »

2011年12月29日 (木)

東武スペーシア リニューアル!

冬晴れの青空の下を走るリニューアルスペーシア


今後無くなるスペーシア旧塗装

東武鉄道のスペーシアがリニューアルし、本日29日から運転を開始しました。
スペーシア自体は運転開始から20年経過し、その間リニューアル等が行われなかったため、バブル真っ盛りな時代の内装も若干くたびれ気味でしたが、今回は来年春に開業する東京スカイツリーにあわせ、スペーシアのデザインを3種類にしてリニューアルすることになりました。
今日運転開始したのは『東京スカイツリーライティングデザイン「雅」基調』で、「江戸紫」に東武グループのロゴカラーとなる「フューチャーブルー」を配したもの。
江戸紫の部分は光沢が入っていて、角度によって色の見え方が変わります。
車内の座席は青色に変更。また『SPACIA』ロゴマークも東京スカイツリーのロゴマークにあわせたようなものに変更されました。


スペーシアの新ロゴデザイン
東京スカイツリーが描かれている

こちらは旧デザインのロゴ

004
おまけ
初めて撮影したが、すごい存在感の車両

発表当時は今までのオレンジベースに慣れすぎていたため、衝撃と物議をかもしましたが、撮影現場にいた鉄道ファンは実物を見て一様に「意外とあってる」という感想。
撮影ポイントはあえてニュースリリースに載っている場所を選びましたが、やっぱりこれは写真ではなく実物を見ないと意外な良さ(?)が伝わらないかもしれません。

このリニューアルは100系9編成全てに順次行われ、いままでの塗装のスペーシアはいなくなります。

|

« 京王3000系が定期運用離脱 | トップページ | 小田急「5200形」一足早く引退 »

トンのテツ道情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615690/43553856

この記事へのトラックバック一覧です: 東武スペーシア リニューアル!:

« 京王3000系が定期運用離脱 | トップページ | 小田急「5200形」一足早く引退 »