« 【ラジオ】元スタッフの部屋 第1回 | トップページ | JR東日本東京総合車両センター 2012夏休みフェア »

2012年8月20日 (月)

京王線 柴崎駅~西調布・調布駅~京王多摩川 地下化完了!

地下化された調布駅ホーム

2003年の工事開始以来9年にわたる大工事を経て、京王線の柴崎駅~西調布駅間と相模原線の調布駅~京王多摩川駅間の連続立体交差化工事における地下線への線路切り替え作業が行われました。
この事業は国領~調布駅付近は18箇所における踏切があり、地下化工事にてその全てが解消されるという都市道路計画事業の一環としての工事でしたが、それ以外にも調布駅における、はたから見ると何を考えているのかわからない状態のしっちゃかめっちゃかな線路状況を改善することも含まれています。

調布駅のしっちゃかめっちゃか運用といえば相模原線と本線の(ぶつかりそうなレベルの)上り列車同時進入や、回送列車の本線折返しなど、テツ的には見所満載な駅でしたが、当然のごとくそれらはダイヤ運用上のボルトネック。改善するには地下化するなり高架化するなりしかありませんでした。
今回の地下化工事でそれらは解消され(通常レベルの同時進入は残りますが)、ボルトネック解消におけるダイヤの速達性向上を目指せます。


地上線最終日の調布駅

この凄い線路配線による運用も18日で終了した

調布駅の仮駅舎

線路切り替えの案内

売店も移転作業のため臨時休業

工事は19日未明から開始され、8時前あたりで地下化の線路切り替えが完了。試運転を随時開始し10時半ごろに地下線での営業運転を開始しました。
始発列車から地下線営業開始までの間は途中駅での折返しや、若葉台~稲田堤など折返しのできない駅では代用手信号による単線運転も行われました。
また、運休区間はバスによる代行運転が行われ、京王バスの他にも東急バスや西東京バス、関東バスなど色々なバス事業者の協力を経て運行していました。


深夜の線路切り替え工事の様子

若葉台~稲田堤の特別ダイヤ

逆走する上り列車
008
左が相模原線からの試運転一番列車

代用手信号で出発信号を掲示

代行バスは京王バス以外も多数参加

切り替えたトンネルの出入り口

地上線跡

切り替え後の列車はどの列車も先頭車両が大人気。
当然ながらの鉄道ファンのほか、地元沿線住民のお客さんもトンネルに入る瞬間に興奮するなど、大変な騒ぎでした。
地下化後の地上区間は踏み切り全てに柵が設置され、かつての目黒線地下化工事後と同じ状態になっていました。


前面展望 京王本線 明大前~府中 地上線



前面展望 京王相模原線 稲田堤~つつじヶ丘 地上線



前面展望 京王本線 明大前~府中 地下線



前面展望 京王相模原線 稲田堤~つつじヶ丘 地下線


地下化された駅は全てホームドアかホームゲートが取り付けられていて、ホームドア自体は未稼働の状態。布田駅に取り付けられたホームゲートは稼動状態でした。
ホームゲートの布田駅はゲートの遮音性がよく、列車の音がほとんど聞こえません。ただ、列車が駅に進入してくる際に空気の漏れる風切音するため、場合によっては凄い音がホーム全体に鳴り響きました。
国領駅は上り方のホーム先端からトンネル出入り口がよく見える状態になっています。つまり出入り口に向かう勾配が近いため駅全体にも緩い勾配があり、各停の列車がホームドアのセンサー位置より手前に止まってしまい、再出発で停止位置を修正するという自体が間々発生していました。
調布駅はホームが上下2階層方式になり、下り方に同構造のシーサスクロス。上り方に将来の線増用スペースのトンネルがわずかに用意されていました。


国領駅のホーム

電光掲示板に『御礼』の案内が

布田駅のホーム

ホームゲートは上りが赤、下りは青

地下化の工事は終わりましたが、地下化事業自体はまだ終わりではなく、これから残された地上の設備の撤去作業があります。
そのため地下化事業は2014年に終了する予定になっているそうです。

|

« 【ラジオ】元スタッフの部屋 第1回 | トップページ | JR東日本東京総合車両センター 2012夏休みフェア »

トンのテツ道情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615690/46756196

この記事へのトラックバック一覧です: 京王線 柴崎駅~西調布・調布駅~京王多摩川 地下化完了!:

« 【ラジオ】元スタッフの部屋 第1回 | トップページ | JR東日本東京総合車両センター 2012夏休みフェア »