« 富士急電車まつり2012 | トップページ | E259系使用のマリンエクスプレス踊り子運転開始! »

2012年12月 1日 (土)

さらばキハ30・キハ37・キハ38

最後に残ったキハ30

交換駅で並ぶキハ30とキハ38わずか5両の試作で終わったキハ37

長年の間、JR東日本久留里線の足として親しまれてきたキハ30・キハ37・キハ38が引退しました。
これらの形式は久留里線での活躍が最後となり、特にJRで定期運用を持つ気動車としてはキハ30が最古となり、貴重な車両に乗れる路線となっていました。
しかし流石に車両の陳腐化は否めなく、キハ30に至っては完全非冷房という点や、コイル台車の乗り心地、パワーもなく燃費も悪い旧型のエンジン、旧態依然の保安装置などの問題点から、新型のキハE130が導入されることになり、ついに世代交代の時となりました。
ここ数ヶ月は引退を惜しむ人々で久留里線界隈が大変賑やかな状態になっていましたが、それも今日限りとなるのでしょう。(しばらくは新車好きが来るかな?)


キハ30の陰に隠れてあまり目立たないキハ38

キハ38の運転台

キハ38の車内

キハ30は製造初年が昭和36年と50年も前の車両となっており、その特徴的な外釣りドアや、103系を彷彿とさせる車内設備等、国鉄気動車の代表格といった感じでした。
同型の車両が関東鉄道常総線で運転されていますが、やはり「JR」で運転されているというのがオリジナリティとして評価が高い感じです。
もともとは久留里線カラーでしたが、2009年に突如国鉄色となって登場し、その後在籍する全てのキハ30が国鉄色となって最後の力走を見せました。
キハ37は陳腐化した国鉄気動車を改革するため先行量産車として5両が製造されました。
が、そこはお金のない国鉄。大量に余ったキハ58の転配のために量産されることがなくなり、若干不運な形式となりました。
キハ38はそんなキハ37の改革の意思を受け継いで登場した車両です。名目上はキハ35の改造となっていますが、車両は国鉄の工場で新生されたものです。


キハ30の台車
DT-22

特徴的な外釣りドア
すごいところに側灯がついている

キハ30のエンジン
カミンズ製DMF14HZエンジン

屋根上にはGPSアンテナが取り付けられている
DoCoMo製

キハ30の運転台
ワイパーは手動!!

少しぶれているが車内銘板

外釣りドアを中から
ドア周りの丸いサッシが他にはない特徴

ドア開閉ボタンと扇風機スイッチ
このスイッチ類が国鉄臭を醸し出す

キハ30車内
103系チックな内装がノスタルジック

12月1日にはそんな旧型車が一斉に新型のキハE130系に置き換わります。また、これによりATS-Pの導入も予定されています。
置き換えられた旧型車両は海外を含め意外と引く手あまたのようです。どの車両がどこで余生を送るのでしょうか?

015

|

« 富士急電車まつり2012 | トップページ | E259系使用のマリンエクスプレス踊り子運転開始! »

トンのテツ道情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615690/48042130

この記事へのトラックバック一覧です: さらばキハ30・キハ37・キハ38:

« 富士急電車まつり2012 | トップページ | E259系使用のマリンエクスプレス踊り子運転開始! »