« 鉄道3DCG製作記 103系 (20) | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (22) »

2014年7月14日 (月)

鉄道3DCG製作記 103系 (21)

103系 足掛と取手

今回は久々の車体装飾。足掛と取手。

足掛(下図左)は屋根上に上るためのもの。本来は妻面に捻じ曲げパイプの足掛があるのですが、先頭車のみ運転室脇に設置されています。
上るときは折りたたまれている足掛を倒して使いますが、普段から倒していると車体側面に飛び出していて危険なため、普段は折りたたんでいます。(一番下画像)
また、屋根上には取手(下図右)がありますが、これは体を屋根上に上げるためのもの。
103系 足掛 103系 取手 103系 足掛CG
 
両方とも取り付け位置の図面はあるのですが物自体の詳細図面は無く、足掛は鉄道博物館でノギスを使って計測したものの、取手は写真からの目分量で作成しています。
とりあえず今回は簡単ながらこんなところで…

 
よろしければこちらもどうぞ
http://www.tetsudo.com/

|

« 鉄道3DCG製作記 103系 (20) | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (22) »

トンの鉄道3DCG製作記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道3DCG製作記 103系 (21):

« 鉄道3DCG製作記 103系 (20) | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (22) »