« 鉄道3DCG製作記 103系 (25) | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (26) »

2014年9月16日 (火)

吾妻線まもなく新線切り替え

000

001
岩島駅先の新線切替地点
 

吾妻線がまもなく新線に付け換わります。
八ッ場ダムにより水没する区間の前後、岩島駅~川原湯温泉駅~長野原草津口駅がダム湖予定地を回避する形で新線に切り替わります。切替は2週間後の9月25日。
この区間は吾妻渓谷沿いをクネクネと曲がりくねりながら風光明媚な森の中を走る区間ですが、ダムが出来れば水の底です。特に川原湯温泉駅は駅がダム湖の一番深い地点にあるので、新しい駅は標高が100m近く高い場所に移されます。
岩島駅~川原湯温泉駅の川原湯温泉駅寄りに八ッ場ダムが作られるのですが、そのため岩島駅寄りのダム湖に沈まない大部分の区間はそのまま廃線跡になります。そしてこの廃線跡予定区間には日本一短い樽沢トンネル(全長7m)もあり、廃線になった暁には大量のオブローダーが訪れそうな新たな観光スポットになると思われます。

そんな感じでまもなく新たな新路線と新たな廃線跡が作られる吾妻線ですが、川原湯温泉駅周辺と樽沢トンネル周辺は大量の鉄道ファンが集っています。
特に樽沢トンネル前後は歩道部分にカメラを構える大量の人が車窓からも確認できる状態。ただ、このトンネル前後は電線が沢山あるため綺麗に車両が写せないという弊害も…

006
川原湯温泉駅の草津寄りにある鉄橋
007
ダムに沈む橋の後ろに沈まない橋が見える
008
日本地位短いトンネルである樽沢トンネル
009
最短トンネルからニョキ

川原湯温泉駅は大昔からあるような瓦屋根の趣の在る佇まい。駅を挟んで反対側には川原湯温泉街の入り口ゲートがありますが、大半が新しい地区に移転済みとなり、寂しい空間になっています。住宅街も高台に移転しているため、現在この駅は大変不便な場所にある状態です。
駅の前後には川を渡るための鉄橋があり、特に草津寄りには高台同士を結ぶ新しい橋を望みながら撮影することも出来ます。ダムが完成して貯水する際に、これら鉄橋は解体するのでしょうか?
新しい川原湯温泉駅はトンネルとトンネルの間に突然現れる駅で、1面2線の島式ホームを持つ駅です。この写真は8月末の撮影ですが、この時点で信号機は通電されて停止現示を出していました。ちなみにこの新駅の写真の奥にあるトンネルの山の反対側に移転住宅街があるため、やはり不便といえば不便な場所に駅が作られたというような印象です。
岩島駅と川原湯温泉駅の付け替え線区間は、殆ど連続24~25‰もある勾配区間なので、この場所でしか駅が作れなかったという理由はありますが…

002
ダム湖に沈む現川原湯温泉駅
003
駅の向かいには川原湯温泉街のアーケード
004
川原湯温泉駅に停車する115系
005
新しく付け替えられる新線の川原湯温泉駅

ちなみに川原湯温泉駅の直上にある巨大な橋はまだ完成しておらず通行できませんでしたが、川原湯温泉~長野原草津口の間にあるもう一つの巨大橋は通行でき、将来水没する区間を上から眺めることが出来ます。
将来ダムが完成して試験貯水が始まり満水になったときに同じ場所から撮影すれば、吾妻線の旧線が現役の頃と比較できますね。

011_2
湖上橋から列車を撮影
010
岩壁のトンネルとて水没区間
P1m
水没区間大パノラマ

 
こちらも見てくれたら超うれしい
http://www.tetsudo.com/

|

« 鉄道3DCG製作記 103系 (25) | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (26) »

トンのテツ道情報」カテゴリの記事

コメント

駅名や温泉地名が間違っていますよ。
以下、間違ってる箇所。

「川湯原温泉駅の草津寄りにある鉄橋」
「ダム湖に沈む現川湯原温泉駅」
「駅の向かいには川湯原温泉街のアーケード」
「川湯原駅に停車する115系」
「新しく付け替えられる新線の川湯原駅」
「ちなみに川湯原温泉駅の直上にある巨大な橋はまだ完成しておらず通行できませんでしたが、川湯原温泉~長野原草津口の間にあるもう一つの巨大橋は通行でき、将来水没する区間を上から眺めることが出来ます。」

投稿: 横壁の人 | 2014年9月24日 (水) 15時22分

おおっと!ご指摘ありがとうございます!
ボッとしてると駄目ですね…

投稿: 元・元スタッフブログ管理人 | 2014年9月24日 (水) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615690/57386610

この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻線まもなく新線切り替え:

« 鉄道3DCG製作記 103系 (25) | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (26) »