« 鉄道3DCG製作記 103系 (26) | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (27) »

2014年10月12日 (日)

鉄道総合技術研究所公開イベント「平兵衛まつり」開催 2014

000

一応今年も行ってきました鉄道総合技術研究所(鉄道総研)の公開イベント平兵衛まつり。
台風の迫る中でしたが、とりあえず例年通り鉄道の日の直前の土曜日に開催されました。毎年この時期になるとブログに訪問してくれる方が増えるので、このイベントが近づいてきた!と思い出します。
2013年の記事はこちら。
2012年の記事はこちら。

001
鉄道総研の一番奥にある線路
002
左の写真の反対側
今年はLH02形ことHi-tram(ハイトラム)の体験試乗が無く、去年はツアーで回る方法でしか行けなかった総研の一番奥にて車両展示が行われていました。

003
R291形試験電車
004
キハ35系試験車
展示してある車両は試験用通勤近郊型電動客車R291形のクヤR291-1とクモヤR290-1。こちらはJR西日本の223系2000番台の車体を元に作られた試験車で、クヤR291-1に燃料電池システムを搭載し、制御付随車である『ク』を冠しながらも95kwのモーターを2台搭載していて、単独走行も可能になっています。
もう一両はドギツイ濃さの湘南色に塗り分けられたキハ35系のキハ30-15。こちらは動力伝達方式の研究で使われた車両らしいのですが、DMH17Hエンジン(180馬力)にDF115A液体変速機だった構成をDMF14HZ(330馬力)にRDW4液体変速機に換装したものです。研究結果はJR九州のキハ200等に反映されているそうです。

005
アルミボディ新幹線の試験車体
006
3線軌条の乗り越し線路
そして展示車両とは線路を挟んで反対側にひっそりと置かれているアルミ新幹線ボディの試験車両。こちらは300系新幹線と同じ構造の車両で、現在は主に新型台車を履かせて高速車両試験台に乗せて実験したり、HILSシステムなどに使われています。
その試験車に続く線路はというと上の写真のように豪快な乗り越し線路によるクロスがあります。3線軌条の乗り越し線路はここでしか見られませんね。ちなみに写真右奥に続く線路が元々国立駅に向かっていた引込み線になります。

この車両展示場に向かう途中にも謎の設備や施設があり、移動中もけっこうキョロキョロしてしまいます。

007
見たことの無いレール締結装置
008
駅シミュレータの施設

あと5000kN万能材料試験装置によるレール破断実験ですが今回は大変見やすい位置に場所を取れたのでじっくり見れました。
まず最初に赤いラッカースプレーを吹き、その後凍らせるようなスプレーを吹きます。すると傷がある部分に赤い線が見えてきます。(写真の丸囲み部分のようなもの)
続いてより正確に傷が無いかを調べるため、超音波による内部探傷を行い、問題が無ければ破断試験を行うという流れです。
以前の試験では130~160トンの荷重で折れていたのですが、今回は80~100トン程で轟音を立てて真っ二つに折れました。

009
ラッカーによる傷の発見
011
破断試験に運び込まれる線路
010
超音波探傷による傷の発見

他にもパンタグラフ試験装置の奥で制輪子ユニットブレーキの動作実演を行っていました。
明らかにどこかで見たことのある模型用の運転台を使用して、実際のブレーキシリンダを動作させるのですが、圧力の係り具合を判りやすく説明するために、人間の力では潰す事の出来ない厚さ1~2mm程の銅の筒を制輪子に挟み、圧力を掛けていとも簡単に押しつぶす実験をしていました。象が踏むよりずっと重いという説明よりわかりやすい!!

012
手前の小型運転台を操作することによって
奥のブレーキシリンダが実際に稼動する
013
左から500系新幹線のライニング、
鋳鉄制輪子、焼結合金制輪子、レジン制輪子

あと、ブレーキのコーナーにいた係りの方に、制輪子を車輪に押し付けたときの車輪回転速度と熱の関係について、近似式は無いか尋ねた所、開発する際に過去のデータを元にした式はあるものの、やはり条件によって結果が変わってくるため基本的には実物(まず小型サイズのもの、続いて実寸サイズのもの)を作成し、試験しながら開発するそうです。

そして今年はついに車内快適性シミュレータの公開を行っていたのですが、タイミング悪く定員に達してしまったために体験できませんでした。残念。

 
下のリンクから鉄道コムへどうぞ
http://www.tetsudo.com/

|

« 鉄道3DCG製作記 103系 (26) | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (27) »

元スタッフ鉄道漫遊記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615690/57649366

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道総合技術研究所公開イベント「平兵衛まつり」開催 2014:

« 鉄道3DCG製作記 103系 (26) | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (27) »