« 鉄道総合技術研究所公開イベント「平兵衛まつり」開催 2014 | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (28) »

2014年10月15日 (水)

鉄道3DCG製作記 103系 (27)

103系 車内3DCG
たまには違う構図からスタートしましたが、前回窓を作成したので今回はドアなどの作成です。

といってもまず最初に作業したのは下図左のドア脇や窓にある取っ手。通称「保護棒」。
そして続いて下図右の吊手。通称「吊手」。
吊手はただズラッと並べると不自然になるので、わざと回転を掛けて全ての吊手をネジって自然風にしてみました。吊革はカーテンと同じ灰青色3号にしたのですが、もしかしたら旧型国電で使われていた黄土色っぽいものかもしれません。なにしろ当時のカラー写真が無いため判明しないのです。

103系 保護棒3DCG 103系 吊手3DCG

そしていよいよドアの作成です。103系で記憶にあるドアといえば下図上段左のステンレス製のドアですが、これは昭和42年からの新製車で登場したもの。オリジナルは下図上段右のように鋼製ドアで車内の壁と同じ色に塗られたものでした。(現在、同種のドアは新潟の弥彦線等で走る115系に鋼製ドアの車両が残るのみです。ちなみに鉄道博物館の101系はステンレスドアを塗った物)
ドアの構造自体は2枚の鋼板を張り合わせたもので、窓の部分だけへこませて窓ガラスをHゴムで支持しているのですが、手で開けるための凹みは外側は下部に、車内側は中腹にあるため、まったく同じ構造ではありません。

ステンレスドア 鋼製ドア

103系 側引戸3DCG 103系 側引戸3DCG

続いてこれはまったくオマケの無駄モデリングなのですが、ドアエンジンとヒーターも作成してみました。(下図上段)
これは「TK4D戸閉め機械」というもの。細かい種類はありますが、基本的な構造はそのままで205系まで使われています。中央のドアエンジンのアームが左右に回転して、それに繋がったドアが開閉する仕組みです。ちなみにドアエンジンの奥にある水色の箱がヒーターなのですが、Tc車の1位側の椅子下にはドアエンジンが2つ仕込まれているためヒーターが置けず、冬は寒い思いをする椅子です。(そのほか4位側車端部の椅子下もヒーターがありません)
下図下段は実際に開閉させてみたアニメーション。アームで引っ張るとドア上のベルトが回転して反対側のドアも同じように開くため、ドアエンジンは片側だけの設置です。本当は綺麗にアニメーションさせた動画を作りたかったのですが、レンダリングしてみたら100時間かかりそうだったので断念しました)

103系 TK4Dドアエンジン3DCG 103系 TK4Dドアエンジン3DCG

103系 側引戸3DCG 103系 側引戸3DCG

側ドアを作成したので今度は貫通扉、通称「妻引戸」です。こちらも側引戸とほぼ同じ構造なので、特に難なく作成します。ただ下図右のように外側(貫通路側)にはドアのロックを行う「引戸止」を取り付けます。まったく同じものではありませんが、バネのほうはキハ20系の図面に記載があったので作成しました。

103系 妻引戸3DCG 103系 引戸止3DCG

最後に乗務員室の仕切りにある「仕切開戸」の作成です。客室側(下図左)はつるりとして簡単な構造なのですが、乗務員室側(下図右)がホネむき出し、忍鍵むき出し、開戸錠むき出しでかなり面倒な構造でした。

103系 仕切開戸3DCG 103系 仕切開戸3DCG


というわけで今回のレンダリング。

103系 車内3DCG

次回は扇風機や椅子の取り付けです。客室クライマックス!?

 
下のリンクから鉄道コムへ行くといいことあるかも!
http://www.tetsudo.com/

|

« 鉄道総合技術研究所公開イベント「平兵衛まつり」開催 2014 | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (28) »

トンの鉄道3DCG製作記」カテゴリの記事

コメント

train drive ats面白かったです
BVEっぽかったですが音が良かったです
ただ操作が少しやりにくいですね〜マスコンでより

投稿: ^_^ | 2014年10月22日 (水) 22時50分

昨日、train drive ats2がリリースされたようです。
音はさらに良くなってますよ!

投稿: 元スタッフ | 2014年11月 7日 (金) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道3DCG製作記 103系 (27):

« 鉄道総合技術研究所公開イベント「平兵衛まつり」開催 2014 | トップページ | 鉄道3DCG製作記 103系 (28) »