« 2015年6月 | トップページ

2015年8月

2015年8月30日 (日)

鉄道3DCG製作記 103系 (34)

Tc103-1
お待たせいたしました。いよいよ先頭車最終回です。前回から2ヶ月ほど開いてしまいまして申し訳ありません。(ここまで2年超かかっているということは置いておいて)
というわけで既に上に画像を載せていますが、こちらが完全な新製時のクハ103-1の姿を表現した3DCGです。背景は日本車輌東京支店の出場線をモチーフにしてみました。
最高画質CGはこちら。

後ろからのCGは下図のもの。ド逆光。

Tc103-1
最高画質CGはこちら。

あと形式図的なものもレンダリングしてみました。
それぞれ画像をクリックすると、特大画像(12191x2632px)が表示されます。

Tc103-1 形式図
103_006

また、面白いレンダリング方法として、運転室と客室のパノラマレンダリングを行ってみました。
画像をクリックすると別ウインドウでパノラマ表示され、いわゆるVRとしてグリグリと視点変更ができます。(※ただしPCのみです…)

Tc103-1 パノラマ運転台
運転室オリジナルパノラマ画像(8000x4000px)

Tc103-1 パノラマ客室
客室オリジナルパノラマ画像(8000x4000px)

スマホで楽しむ場合はオリジナルパノラマ画像を何らかの方法でカメラロールに保存して、RICOH THETAの専用アプリやハコスコ等のパノラマアプリでご覧下さい。

Tc103-1 運転室Tc103-1 客室
そんな感じでいろいろレンダリングを行いました。
特に新しくパーツを作ったわけではないのであまり書くことがありません(笑)
今回、公開までに時間がかかったのは、鉄道博物館で行われている企画展「みんなのでんしゃ展」に展示される事になったため、というのもありますが、殆どは大半レンダリング時間に費やされたためでした。
ここまで大きな画像でレンダリングするとなると、レンダリング時間が基本1枚あたり200時間を越えるので、今回公開した全てのCGで合計1000時間は軽く越えるほどのレンダリングをしました。

というわけでクハ103-1のモデリングは完了したので、いよいよこのシリーズは中間車の製作に移ります。全車両揃ってレンダリングできるのは何年先になるのでしょうか…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

さよなら寝台特急『北斗星』

Im2_1846

Im2_2659_2 ついに寝台特急のブルートレインが終了しました。

最後まで残ったのは上野~札幌を結ぶ『北斗星』。定期列車から不定期列車になって盛大にさよならイベントを開催したものの、ついに不定期すら終了でまた盛大なさよならイベントをするという、1粒で2度おいしい寝台列車。
一度だけ乗車しましたが、食堂車の付いた寝台列車というのは、それだけでもよい旅を味わえました。(それが証拠に札幌に着いたその日に飛行機で東京に戻るという)

Im2_2679
札幌行きの幕
Im2_1870
上野行きの幕
Im2_2667
A寝台ツインデラックスの個室
Im2_2669_2
ベット部分(持ち上げるとソファ)
Im2_2670
デスク部分
Im2_2773_2
A寝台ロイヤル個室
Im2_2762_2
ロイヤルにはシャワーが付いている
      水は使い放題
Im2_2770_3
ロイヤルにはシャワーが付いている
      水は使い放題
Im2_2685
食堂車の合席はドリンクが1杯無料だった
Im2_2714 照明がムードを演出する
Im2_2738
フランス料理のフルコースのメイン
Im2_2708
懐石は御膳になっている
Im2_2861
食堂車
Im2_2926
洋朝食
Im2_2932
和朝食

さて、「寝台」も付いた「ブルートレイン」としては最後に残ったのが急行『はまなす』。
こちらはJR北海道も、新幹線が開通した後も残せれば残したいような発言をしています。
夜行列車としては唯一というほど成績のよい列車だそうなので、出来れば末永く運行してほしいところですが、さすがに客車もDD51もガタガタな気がするので、残せたところでいつまで走るのか…といったところです。

Img_1169

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ