元スタッフの撮影記

2012年4月 3日 (火)

E657系デビューレポート

常盤の大地を駆ける新型特急E657系


白い中にも赤いラインが印象的なE657系
赤塚-内原
 

今年は色々なくなる路線や車両が多かったですが、無くなるものがあれば新しく生まれるものもあります。
ダイヤ改正が行われて半月ほど経ちましたが、時間を作ることができたので、先月のダイヤ改正でデビューしたJR東日本の新型特急E657系を撮影したり乗車したりしましたので、いまさらながら簡単にレポートを。

E657系は常磐線用の新型特急車両として651系を置き換える目的の、『スーパーひたち』と『フレッシュひたち』用の車両です。
そもそもは651系をE657系で完全に置き換え、E653系は押し出しでいわき以北でのローカル特急として使用する予定でしたが去年の震災により予定が変更され、今回の改正では651系の大部分とE653系の一部の運用を置き換えています。
ただ、いままでの『スーパーひたち』は11両、『フレッシュひたち』は14両と、これが新型特急では10両に減車されているため賛否両論あります。

そんなE657系を撮影するために鹿島臨海鉄道経由で水戸まで出て、2駅上野寄りの内原のインカーブで撮影しました。
車両のデザインは651系とE653系の中間みたいな形で、例えるなら可愛くない白黒逆なシャチ。ただシンプルで凹凸の少ない真っ白なボディが颯爽と走り去る姿は綺麗でしたね。

帰りはE657系で運転される『スーパーひたち58号』に乗車。
一般車両は黒のモノトーンを基調とした車内で、窓下のデコラは薄茶色の木目。座席は波柄。特筆すべきは全ての座席の肘掛にコンセントがつけられています。
デッキはこげ茶色の木目デコラを使用してモダンな雰囲気。グリーン車は灰色を基調にしていますが、車内照明が暖色系なので温かみのある雰囲気です。座席は2+2ですが普通車よ一回り大きな印象(実際はそんなに大きく違わないのですが)。またモケットには梅の花柄も。
この日乗車したのはグリーン車ですが、フルアクティブサスペンションの効果か揺れは130km/h感があまりない位に快適でした。またシートピッチも十分で広々としてました。水戸からだと乗車時間の短さが残念なほど。


駅の電光掲示板や足元の案内にも
「新型」をやたらアピール

E657系の行き先LED

普通車車内
黒のモノトーン基調だが暗さは感じない

普通車の座席
座席の波柄は霞ヶ浦のうねりをイメージしたもの

グリーン車車内
左奥の荷棚の緑色の物は貸し出しブランケット

グリーン車の座席
座席には梅柄が仕込まれている

グリーン車はもとより普通車も含め
全座席の肘掛にコンセントが設置されている

グリーン車の座席には
引き出し式のテーブルもある

カーテンにもさりげなく梅柄が

デッキはモダンな色調になっている

今後は新たなる常磐線の顔となるE657系ですが、その一方押しやられる651系は運用を離脱した車両もあるものの、まだ廃車にはなっていません。
「使い道がまだある」と判断されているために取っておいてあるのでしょうが、置き換え対象はやはり新潟の485系でしょうか?
これまでの常磐線の顔は別の地域の新たな顔になるかもしれませんね。


通過20秒前に曇ってしまった
651系の『スーパーひたち』もあとわずか?

こちらは暫く残存が決定したE653系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

C61千葉を走る!! 『SL・DL内房100周年記念号』運転

直前で晴れた空の下を快走するC61

爆煙を吹き上げ坂を駆け上る千葉初上陸のC61  

先日10日からJR東日本京葉線および内房線にて『SL・DL内房100周年記念号』が3日間にわたり運転されています。
列車名からも判るとおり、内房線および久留里線が開業100周年ということだそうです。
千葉でSL運転を行うのは、今回で4回目。2007年から千葉でのSL運転が2月に行われ始めたものの、2010年と2011年は運転されておらず、もう同様な列車が設定されることはないのではないかと思いましたが、思いもかけずC61と旧客7両(C61牽引では初)での運転が行われました。

とりあえず前回の2009年では有名な袖ヶ浦の築堤ポイントに向かい、爆煙を上げるC57の勇姿を撮ろうとしたら、天気は悪いわ煙は反対に流されるわで散々な目にあいました。なので今回もまったく同じ場所に赴き、リベンジ戦とすることに。
8時に現地到着したものの、あきらかにその時点で前回よりも人が多く、ベストポジションになる川沿いの土手上および土手下は全て埋まっており、とりあえず土手中腹に三脚を据えました。
そしてもう一箇所近くにある踏み切り脇にも警備員の指示の下に三脚を据え、2箇所撮りを慣行。

撮影者は時間を追うごとに増え続け、特に今回は『快速SL内房100周年記念号』列車が姉ヶ崎で1時間以上の長時間停車をするため、姉ヶ崎以西で撮影した人たちがイベント列車を追い抜いて別の撮影ポイントにやってくる、通称追っかけ組が大挙して押し寄せたため、最終的に地元住民とあわせて300~400人前後に。
天気は昼頃から曇り始め、このままでは3年前の雪辱が果たせないかと思ったものの、蒸気機関車がやってくる5分前ぐらいから晴れ始め、なんとかリベンジに成功しました。


DE10が旧客7両を牽くのも珍しい?
『快速DL内房線100周年記念号』

千葉みなと到着後、単機で木更津に戻るDE10
1両で走る姿もかわいらしい

運転終了後、木更津で石炭の積み込み
JR職員も蒸気機関車の前で記念撮影

『SL・DL内房線100周年記念号』とおまけ

このまま来年も走ってくれるでしょうか?ぜひぜひ走ってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)