old-staff.cocolog-nifty.com > 常磐線103系さよならレポート

001 利根川鉄橋土手にて

001 利根川鉄橋土手にて

とりあえず第1撮影ポイントとして利根川鉄橋の土手を選びそこへ向かう。
が、渋滞に見舞われ9423Mの北千住発取手行きの第1列車に間に合わずに逃す。
下りが利根川鉄橋を渡った3分後に到着し、撮影準備開始。
すでに大量のギャラリーがいて、少ない場所を押さえる。
11時32・3分ごろに9424Mの北千住行き上りが走ってきてパシャリ。


002 同じく利根川土手

002 同じく利根川土手

同じく線路をはさんで反対側。
利根川の鉄橋を轟音立てて走っていく。
とても今日が最後とは思えない走りっぷり。
ただ、15両編成ではなく10両編成と言うのが物足りない。
行き先表示は回送とか臨時とかかと思ったら『常磐線』と、なかなか小粋。


003 歩道橋上で

003 歩道橋上で

利根川で撮影後に柏と北柏の間にある歩道橋へ向かう。
ここは柏を出た後に緩やかなカーブを描いていて、なかなか良い絵が撮れそうとチョイス。
が、待ってる間に雨がパラパラと降ってくる。
傘を差すほどではないが何よりも風が強くて寒い。
ここで45分間待ち、ようやく走ってきた9425Mの下り取手行きを撮影開始。


004 快走!

004 快走!

45分間待ってる間、スーパーひたちが通過した後に10数分間まったく下り列車が走ってこない不思議な状態になり、まさか抑止状態になってるんじゃないかと心配になる。
下りの信号は注意のままでまったく現示があがらない。
しかし上り列車はバンバン走ってくるのでどうやら止まっているわけではなさそうである。
ある程度して下り列車が堰を切ったようにどんどん走ってくる。
そんななか予定通りに走ってきて一安心。


005 ヘッドマーク

005 ヘッドマーク

ここはカーブのためなのか、駅を出たばかりなのか、あまりスピードを出して走っていないので、安心して狙えます。
103系にはさよなら運転にふさわしいヘッドマークがついています。
ヘッドマークに『上野~常磐線~取手』と書いてあるのですが、さよなら運転では上野には行かないと言うのが残念。


006 江戸川を渡って

006 江戸川を渡って

柏で撮影後に江戸川へ行く。
が、利根川と違って近場に車を止められる場所がないため、車を止める場所を探してうろうろ。
そうしているうちに9426M上り列車が走ってくる。
しょうがないので道路沿いから土手上の103を撮影。


007 中間

007 中間

ちなみに自分は先に車を下りて江戸川の土手で構えていたのですが、なんと土壇場になってカメラがスタンバイに入りシャッターが切れないと言う不測の事態に陥る。
自分の不甲斐なさに激怒。そして落胆。


008 逆光…

008 逆光…

気を取り直して戻ってくる9427Mを松戸手前の歩道橋で捕らえることにする。
ここは松戸の車庫と本線が合流するところにあり、やはり大量のギャラリーが構えている。
狭い歩道橋の階段がギャラリーと三脚で埋め尽くされる。
完全に逆光だが仕方がない。
ややゆっくり走る103系を撮影。


009 実を言うと結構撮影しにくい場所

009 実を言うと結構撮影しにくい場所

これが最後の取手行き下りとなる。
話ではチケット持っていない人もドサクサで乗り込んでいたとかいないとか。


010 リベンジ江戸川

010 リベンジ江戸川

松戸で撮影したあと、天気が芳しくないため撮影を終了しようかと思ったものの、とりあえず金町で昼食をとり天気の回復を見守る。
するとあの大量の雲がいなくなり完全な晴天へ。
となると撮れなかった江戸川鉄橋の写真をリベンジしに行かなくては気がすまない。
先ほどのポジションで103系を待つ。
しばらくして最後の下り北千住行きの9428Mが走ってくる。
割と速度を出して走ってきたので鉄橋の柱で顔が隠れないかとヒヤヒヤしながらシャッターをきる。
今度はなんとか撮影成功。


011 夕日に向かって

011 夕日に向かって

ちなみに北千住よりの土手は数人のギャラリーしかおらず、前回撮影失敗したときは自分を含めて2人しかいなかった。
どうやらこちら側はあんまり人気がない様子。
なお、反対側の土手はものすごいギャラリーがカメラを構えていた。
どうやら鉄橋より先にあるカーブを走ってくるところが狙いどころのようだ。


012 帰路

012 帰路

最後の列車が走って行き、大量のギャラリーも引き上げ始める。
とりあえず我々は先ほどの江戸川対岸の土手へ。
北千住で最後の乗客を降ろした回送列車が松戸車庫へ行く帰路を撮影することに。
待つこと数分。
役目を終えた103系が橋を渡って戻ってくる。


013 最後の江戸川鉄橋を越えて

013 最後の江戸川鉄橋を越えて

どこか誇らしげな103系の顔。
乗務員さんも誇らしげ?

ちなみに鉄橋側の写真は、上りのE231系に阻まれて撮影できませんでした。


014 さようなら103系

014 さようなら103系

そして関東の103系は42年間の歴史に幕を閉じました。


015 415系

015 415系

おまけ。
次はこの車両の番かもしれません。
記録はお早めに。