廃止される合計9箇所の廃止踏切のうち、大部分がこの区間に集中していた。