old-staff.cocolog-nifty.com > 鉄道博物館 0系新幹線公開

001 除幕

001 除幕

お披露目セレモニーでの除幕。新車の完成式典のような感じもします。


002 座席

002 座席

普通車(2等車)の転換式シート。普通車はシルバーとブルーが基調。この当時はリクライニング機能は付いていませんでした。ちなみにグリーン車(1等車)はゴールドでした。


003 客室内

003 客室内

2列対3列の並びはこの時から今でも続いている。


004 車番

004 車番

21-2の車番。


005 製造銘板

005 製造銘板

日本車輌製造昭和39年の証し。
今でもこのデザインの銘板は残ってますね。


006 ホームから

006 ホームから

一部座席には展示用のモニタがある。


007 号車札と座席指定標

007 号車札と座席指定標

座席指定標も手差式です。


008 ホーム上

008 ホーム上

ホームの番線「19」やシンプルな「東京」の駅名標や当時の時刻表が掲げられている。


009 19番線と時刻表

009 19番線と時刻表

開業時は、ひかりとこだま1時間に1本ずつ。
今では数分おきに出発してますから、すごい変わり様。


010 台車

010 台車

鉄道博物館ではおなじみの床下展示。時速210kmを実現した台車。
枕木が木であるのは、手抜き(笑)ではなく、当時の駅構内の線路は直結軌道だったからとのこと。もちろん本線部分はコンクリートですけれど。


011 制御器

011 制御器

カム軸。鏡を置いて見やすくしています。


012 記念碑

012 記念碑

東京駅にある記念碑。
本物は東京駅にあり、これはレプリカ。再現にはJR東海さんの協力を頂いたそうです。


013 公開開始

013 公開開始

16時15分、いよいよ公開開始。
お客さんは0系を、マスコミはお客さんを。と撮影対象が逆になってます。


014 逆の視点

014 逆の視点

先頭部分にこれだけの人が。


015 乗車待ち

015 乗車待ち

一度には入れないので、数グループに分けながらの公開でした。


016 入場待ち

016 入場待ち

C51と101系の脇に入場待ちの列。


017 さらに入場待ち

017 さらに入場待ち

1Fも狭いので、2Fのスペースも利用。端から見ると結構壮大。
この日は約650人もの人々が見学していきました。


018 21-25

018 21-25

交通博物館の玄関に展示されていた21-25も引き続き展示中。


019 プロムナードのポスター

019 プロムナードのポスター

鉄道博物館玄関のミニ展示ケースにある0系展示のポスター。


020 プロムナードの模型

020 プロムナードの模型

何気に模型も置いてあります。
見逃さないようにしてくださいね。